メールによるご相談
TOP : 【人材育成】人工知能が、社会を変える。
投稿者 : kizuku 投稿日時: 2015/04/03 (708 ヒット)

人材育成 : 人工知能が、社会を変える。


1950年から取り組まれてきた人工知能は、

ここ2、3年で大きく進化しました。


人工知能の出現により、

約半分の職業がロボットやアンドロイドなどに

移行されるように言われています。


ロボットやアンドロイドに劣らない人間の能力とは?


よく言われるのが、コミュニケーションです。

ロボットやアンドロイドには、

コミュニケーションは出来ないだろうと。


しかし、ロボットやアンドロイドの知能は、

人間の知能をはるかに上回る4000にも達するそうです。


知能指数(Intelligence Quotient= IQ)は、

あのアインシュタインで、推定190くらいだっただろうと言われ、

世界ランキングで、歴代9位という情報も出ていました。

大体、一般的な人の平均値は大体100ぐらいだそうです。


結局、ロボットやアンドロイドの知能は、

保存できるデータの規模が違いすぎて、

コミュニケーションも高いレベルでこなしてしまうようです。


世界各地にいるロボットやアンドロイドの兄弟で、

互いのデータを活用しあうでしょうから、

量的だけでなく、スピードの面でも、

あっという間に高度なコミュニケーションスキルを身に付けてしまうでしょう。


人間のように感情に左右されない安定したコミュニケーション力は、

人間より高いコミュニケーションを実現していくだろう考えられます。


人間は、これまで経験しなかった、

人間より賢い存在に初めて出会うのです。


これからは、逆に人材の価値が明確になっていく時代になるでしょう。

人間にしか出来ないこと、

人間しか持ってないものを、発揮しなければなりません。


人工知能は、初めての体験には弱いと言われます。

ストックしたデータがないからです。


では人間の強みはというと、

初対面や初めてのことに向かう時、

過去の体験データをアレンジして対応したり、

人間にしかない直感で対応出来ことです。


また、ロボットやアンドロイドからは発っせられない、

情熱やエネルギー、パワー・思いやりがあります。


また、百人いたら100種類の人材が集まります。

能力も、個性も、顔も、スタイルも100種類。


現在地球上には、7,240,000,000人の人間がいて、

同じ顔が二つとないのですから、

人間にはどれだけ潜在している能力や個性があるか分かりません。


これからの人材育成は、

そういった個々の能力や個性の実現に、

シフトしていかなければなりません。


課題は、その人間に必要だから訪れます。

もしかすると、この「高度熟成社会」は、

ロボットやアンドロイドの時代は、


我々が、人間らしさとは何かを自覚する為に、

与えられた課題なのかも知れません。



ログイン
〒814-0143 福岡県福岡市城南区南片江1丁目18-8
TEL(092)801-7643 FAX(092)215-7333
Copyright(C) 2015 My Concept All Rights Reserved.