メールによるご相談
TOP : 人間学 : 生命(いのち)を感じる感受性
投稿者 : kizuku 投稿日時: 2015/05/23 (645 ヒット)

人間学 : 生命(いのち)を感じる感受性

幼い頃、真っ黒に日焼けして、

蝶々やセミ・カブト虫を捕まえてまわりました。
 

小学校の理科の授業では昆虫採集という授業があり、

色々な虫の生態や種類等を学びました。

そんな虫取りは、夏のイベントとして続き、

毎年の母の里帰りでは、

虫かごがいっぱいになるまで、

田舎の子供たちと一緒に、

虫取りを楽しんでいたことを覚えています。


私が、この言葉を受け入れて、

セミ取りをやめたかは定かではありませんが、

私は、誰かにこんなことを言われたのを覚えています。

「セミは、たった一週間しか生きられないのだから、

むやみに殺さないようにしないと、可愛そうよ。」と。



私は現在、人間学と言う講義をしています。

そして、ここ数年、講義や個人指導をしている時に、

よくこういうシーンにぶつかります。

講義中に、たまたまゴキブリやクモが出没して、

それを見た、もう既に大人である受講生の方が、

「気持ち悪い! 殺せ!」と、言われるのです。

「気持ち悪い!」「怖い!」は、理解できるものの、

簡単に「殺せ!」という言葉が出るのに不安になってしまいます。


子供たちの間で起こる事件にたいして意見する大人が、

ちゃんと人間らしく生きていけているのだろうかと。


「気持ち悪いから、殺した方がいいですよ。」と、あまりに言われるので、

「あなたは、気持ち悪いと何でも殺すのですか。」と聴くと、

「そりゃそうですよ。気持ち悪いじゃないですか!」と答えられます。

この人は、犬や猫ならどうするのだろう、

ホタルなら、鈴虫ならどうするのだろうと考えてしまいます。

感覚が麻痺してしまっていないだろうかと…。


こんな心や意識のまま、

相手の存在や立場、気持ちも理解でないで、

どうやって、顧客満足など出来るのだろうか。

組織の同僚・仲間を、助けたり、支えたり出来るのだろうか。

もちろん中には、若いのに豊かな感受性の方もいて、

私の話に、しきりにうなずいておられる方もいらっしゃいます。

余話の中がどんどん便利になり、

ますます人間性や存在がが問われている高度熟成社会の現代に、心の時代に、

私たちが幸福や豊かさを手にするには、人間らしい感受性が必要です。


人に同情する心、支えてあげようとする心、

守ってあげようとする心、助けてあげようとする心、

そんな共感する心、人間愛があれば、

ビジネスでも、お客様を喜ばせたり感動させることも出来ます。

組織でも、同僚や仲間と助け合い、支えあう関係が生まれます。

家庭も暖かくなり、少子化問題も解決に進みます。


自然、社会、人間、

互いの存在を認め、

その存在価値やありがたさを感じる心、感受性を大切にし、

お客様を、同僚・仲間を、家族・子供の、

立場、気持ち、状況を感じ取り、

分かってあげる、助けてあげる、支えてあげる、共感してあげる、

人間らしい生き方をしましょう。




_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

人間の“心理・行動・意識”を導く技術『МC人間学』  
∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴
人間学(心理学・社会学・運命哲学他)の技術を使った、
個人から企業までのカウンセリング&コンサルティング

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

社員研修 新人教育 管理能力研修 人材育成 
独自性戦略 接遇コミュニケーション 広報販促
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
ご相談・お問い合わせ:TEL(092)801-7643 FAX(092)215-73343
ご相談・お問い合わせフォーム:https://www.secure-cloud.jp/sf/1392596101iUiSiaIs
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+



ログイン
〒814-0143 福岡県福岡市城南区南片江1丁目18-8
TEL(092)801-7643 FAX(092)215-7333
Copyright(C) 2015 My Concept All Rights Reserved.